FC2ブログ

NO BASE HENOKO TOKYO

毎週水曜日19:00~三鷹駅南口で僕と握手!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆8・17
今日はNO BASE HENOKO TOKYOの企画で私の講演会を目黒で開いてもらいました。
20050819143342.jpg

呼びかけ文では
「【辺野古現地報告会BY富田晋】(^O^)〆
きたる8月17日(水)辺野古からあの男がやってくる!熱き辺野古SOULを引っ提げて富田晋が東京上陸。昼・夜の二部にわたり辺野古の現状をお伝えします。この機会をお見逃しなく!NO BASE HENOKO tokyo限定特別講演です。皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加ください!!! 」という内容。こっぱずかしいこと極まりないです。
20050821134534.jpg

昼と夜に2時間ずつの講演を行いました。合計で80人ほどの人達が集まっていました。
私の実のおじぃ、おばぁも来てくれていました。国会前や防衛庁前で辺野古の基地建設の白紙撤回を訴えている人達や目黒の地元の方達、ビラを受け取ってくれた人などが来てくれていました。
話した内容は・基地建設阻止に至る経緯・自身の辺野古で闘う理由・海上阻止行動の現状・辺野古が世界を動かしていることなどです。2時間にわたってはなさせていただきました。
講演に集まってくれた80名の内の半分が私と同世代の人々でした。

現在、私達が置かれている厳しい現実、しかし、今それをひっくり返す最高の好機が訪れていること。衆院解散の動きの中で明らかに小泉政権はその政権に従う強行的な人間を集めています。戦争を賛美している小林よしのり(漫画家)の講演会に若い世代の人達が1300人も集まるということやつくる会教科書が杉並区で検定を通るなどの状況は東京に来て改めて戦争に向かう危険な状況だということを考えさせます。

辺野古にたくさんの若い世代の人達が集まり、その人達が全国に散って新たな行動を立ち上げていることはそういった状況をひっくり返す力を生み出しています。

"今なんだ"ということ。しかし、今つながれなければこの時代の戦争に向かう力に飲み込まれてしまいます。
考えていることを行動に移す時が今だと考えます。生活の中や理不尽な世界の中で人は不安を感じその怒りや不安を行動に移す先を求める中で今の流れに逆らう行動、場所が全国にたくさんなければなりません。
もっともっと多くの力をもっともっと多くの場所で爆発させなければならないと訴えました。

質疑応答でも多くの反応が聞かれ、たくさんの話が出来てとても良かったと感じています。
「また辺野古に行きたいです。」「家族に話すのですが、わかってもらえない。」「大学で友達に広げていますが、まだまだ温度差を感じています。でも、がんばります。」「一人一人の行動が大事なのだと思いました。」
「毎日、朝日などの報道で"辺野古白紙撤回"が大きく出ましたが、富田さんはどう考えていますか?」
「今の海上行動は何時に始まり、何時に終わるのですか??」などなど。
なんとか4時間を終えました。交流会ではNO BASE HENOKO TOKYOの人達とこれからのことや、世界のこと、多くのことを語り合いました。
大成功でした!!
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://henokotokyo.blog15.fc2.com/tb.php/83-e9aee702
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。