FC2ブログ

NO BASE HENOKO TOKYO

毎週水曜日19:00~三鷹駅南口で僕と握手!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月18日(日)「Marines Go Home」上映会&藤本監督講演会!!
poster.jpg

   ====第14回連続ティーチ・イン沖縄===
基地はいらない!
  「Marines Go Home-辺野古・梅香里・矢臼別
      ~守る平和から育てる平和へ~」
  =========================

辺野古(へのこ)、梅香里(メヒャンニ)、矢臼別(やうすべつ)、一見何の
つながりもないかのように見えるこの地域…実は、“米軍基地”でつながっています。“基地”によって破壊されていく、当たり前の日常、そして生活…しかし、その生活の中で、自らの体を張って、命懸けで声をあげ続けている人々がいます。
9年間のおじい・おばあの座り込みによって基地建設をとめ続けている沖縄・辺野古、そして、半世紀以上苦しめられてきた米軍の射爆場を閉鎖に追い込んだ韓国・梅香里、日本一広い演習場のど真ん中に、敢えて住み続ける北海道・矢臼別の闘い。
どんな逆風が吹こうとも、どんなに高い荒波が来ようとも、決して諦めない、そんな人々に共通する一つの想いが、この映画には、こめられています。
「平和は守るものではなく、育てるもの」~金城祐治さん(辺野古「命を守る会」代表)の言葉

しかし、そんな人々の想いとは裏腹に、10月末の在日米軍再編協議では、辺野古沿岸への普天間基地移設、沖縄の北部への基地強化、そして、同時に、横須賀への原子力空母の配備など、戦争の波は、益々激しく、そして、もう私達の足元まで迫っています。

自分達だけの平和を守るために武器をとるのか、それとも共に平和を育てる努力をするのか、今私達ひとりひとりが、時代に問われています。

まずは真実を知ること。沖縄で何が起きているのか、何が起きようとしているのか。そして、私たちはどこに立っているのか、どこに向かおうとしているのか、考え、語り合いましょう、車座になって。
      
■会場:湘南とつかYMCA 510号室(車座トークは1階ホール)
 →会場図http://www.yokohamaymca.org/map/totuka-map.htm  JR東海道線・市営地下鉄 戸塚駅 徒歩5分
■プログラム
 午後2時~6時(1時半受付開始)
ドキュメンタリー映画「Marines Go Home」の上映&藤本幸久監督の話
 午後6時~8時 車座トーク
■参加費:1,000円(映画鑑賞+資料+軽食代)
【監督のことば】
つらく悲しい現実を記録することがドキュメンタリーだという思いこみを打ち破りたい。私にとってドキュメンタリー映画をつくるということは、人々とともに未来につながる希望を探し、その過程を記録するものです。「人の世に熱あれ、人間に光あれ」、映画はいつの時代も希望を描くものです。
【藤本幸久監督(プロフィール)】
1954年、三重県四日市市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。土本典昭監督の助監督を経て、1992年第1回監督作品「教えられなかった戦争――侵略・マレー半島」。「闇を掘る」で2002年レティナ国際映画祭準グランプリを受賞。
■問い合わせ
 実行委員会連絡先:chiyow@tsuda.ac.jp 090-9340-2598
 第14回企画連絡先:03-5421-5652(明治学院大学国際平和研究所)
          kamijo@prime.meijigakuin.ac.jp          090-1770-2582(当日)
共催:連続ティーチ・イン沖縄   
   明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
   ピースリング(明治学院大学学生グループ)
   NO BASE HENOKO TOKYO
(同時開催:写真展「美ら海 辺野古12ヶ月」写真家 浅見裕子氏による辺野古の人々の闘いの記録・記憶~明治学院大学戸塚キャンパス図書館にて、12月12日(月)12時~12月16日(金)(9:00~18:30)
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/yokohama/index.html(明治学院大学戸塚キャンパス案内)

ティーチイン沖縄HP:http://okinawaforum.org/okiwiki/index.php?%a5%c6%a5%a3%a1%bc%a5%c1%a1%a6%a5%a4%a5%f3%b2%ad%c6%ec
051218teachin-meigaku-flier.jpg
↑NBHのチラシです



(終了)
12月11日(日)「月桃の花」上映会
051211gettou-NBH-flier.jpg

※本当にたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました!辺野古報告会のほうも盛り上がり、熱い議論がくりひろげられたそうです。その様子は近日中にアップいたします★
「月桃の花」見逃したかたは、ぜひ次回(未定ですが)の上映会にご期待ください!
12月11日(日)「月桃の花」上映会!
きたる12月11日(日)に目黒駅近くで、映画【GAMA~月桃の花】の上映会を催します。この映画は、知る人ぞ知る名作で、沖縄戦の真実を、一人の母親の視点から描き、現在まで残された基地の問題につながる、あるべき姿の映画です。私自身、この映画を14歳の時に観て、かなりの衝撃をうけ、今の自分の基礎を作るきっかけにもなりました。知ってる
人も知らない人にも是非観てほしいです。
同日開催で辺野古報告【今できること、゛辺野古"が教えてくれたこと】&写真展示も行います。
―――――――――――
《沖縄から私たちが問われていること》
映画【GAMA~月桃の花】目黒上映会
※同日開催:辺野古報告【今できること、゛辺野古"が教えてくれたこと】&写真展示
◆上映スケジュール◆
◇午前の部:10:30~映画上映 12:40~辺野古報告
◇午後の部:13:30~映画上映 15:40~辺野古報告
◆会場◆
 目黒区田道住区センター(田道ふれあい館内)
◇JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・三田線《目黒駅》徒歩12分
◆チケット◆
 一般・当日/999円一般・前売/900円シルバー・学生・障害者/700円
 中高生/500円
◆主催◆
 上映実行委員会
 NO BASE HENOKO TOKYO
◇お問い合わせ/NO BASE HENOKO TOKYO事務局《とみしょうや》03-3723-1014(111:00~19:00/水曜・木曜やすみ)

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://henokotokyo.blog15.fc2.com/tb.php/144-f1c4a752
トラックバック
12/25 『Marines Go Home――辺野古・梅香里・矢臼別』上映会
   ●○────────────────────────○■上映&トーク 米軍基地とのたゆまぬ闘いを続ける人々を描く 話題の最新ドキュメンタリー映画『Marines Go Home』 京都初上映決定!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ピースムービーメ
2005/12/05(月) 20:48:55 | kayophoto info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。