NO BASE HENOKO TOKYO

毎週水曜日19:00~三鷹駅南口で僕と握手!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんにちは!
Blog班長の拓也です。

この度、『NO BASE HENOKO TOKYO』のホームページを開設いたしました。(http://henokotokyo.ojaru.jp/)今後は、このblogと並行して辺野古の情報を載せていきます。

それでは、今後ともNO BASE HENOKO TOKYOを宜しくお願い致します。

拓也
スポンサーサイト
辺野古で18日、19日の海上行動が闘われてから初のNBH街宣です。

祐治さん、あとはおれたちに任せてくれずっと見ててくれよな

Ts380050.jpg

ゆっくん熱唱!
続きを読む
おおかな通信の内容を添付させていただきます。
http://www.henoko.jp/fromhenoko/

どうやら現地では週末も厳戒態勢が続くようです!
辺野古に行けなくても、情報の発信・収集・抗議を続けていきましょう!


<抗議はこちらへ↓↓>
「防衛省」
infomod@mod.go.jp

「海上自衛隊」
mso-cadv@ic.jmsdf.go.jp

「那覇防衛施設局」
〒900-8574
那覇市前島3丁目25-1
電話・fax 098-868-0174から9 広報室(内線233から
235)

「第十一管区海上保安本部 連絡先」
〒900-8547
那覇市港町2111 那覇港湾合同庁舎
098-867-0118
E-mail:soumu-11@kaiho.mlit.go.jp
続きを読む
おおかな通信の内容を添付させていただきます。
http://www.henoko.jp/fromhenoko/

どうやら現地では週末も厳戒態勢が続くようです!
辺野古に行けなくても、情報の発信・収集・抗議を続けていきましょう!


<抗議はこちらへ↓↓>
「防衛省」
infomod@mod.go.jp

「海上自衛隊」
mso-cadv@ic.jmsdf.go.jp

「那覇防衛施設局」
〒900-8574
那覇市前島3丁目25-1
電話・fax 098-868-0174から9 広報室(内線233から
235)

「第十一管区海上保安本部 連絡先」
〒900-8547
那覇市港町2111 那覇港湾合同庁舎
098-867-0118
E-mail:soumu-11@kaiho.mlit.go.jp
続きを読む
 毎週水曜日18時~、三鷹駅の南口で辺野古に基地をつくらせない街頭宣伝をやってますよく知らなくても手ぶらでも全然OKだれでも参加できます。チラシを読んで、「そうだ」と思った方、ぜひNBHの三鷹街宣に来ちゃってください

 遅くなりましたが、今週の三鷹街宣のようす(携帯写真でちっちゃいですが)
続きを読む
17日深夜にも辺野古漁港内作業ヤード建設?!
辺野古漁港内作業ヤード建設に最大警戒!
 政府は完全に私達への消耗戦・神経戦を行っています。

続きを読む
 昨日(15日)の夕刊で、防衛施設局が辺野古漁港内に作業ヤードをつくろうとしていることが明らかになりました海上調査と同時に今朝(16日)早朝にも、着手の可能性が高まっています。
 作業ヤードは、現在の座り込みの始まった2004年4月19日以来、ずっと止めてきたものです絶対につくらせてはいけないっ
 海上自衛隊の銃口の矛先は、沖縄県民であり日本の労働者です。「銃剣とブルドーザー」のように銃口を突きつけて基地をつくろうとしています。そして、沖縄戦における日本軍とまったく同じ立場で自衛隊を使おうとしています。何重にも許せない、戦争と改憲そのものです。
 しかし、辺野古現地は腹を決めて立ち上がっています。14日300人の緊急集会がもたれた辺野古では、「怒りに火を注ぐだけだ」「ついに闘いが海上自衛隊を引き出した」「敵も最後の闘いだ。この闘いに勝って勝利するときがきた」と口々に語られていました
 ちょっと長くなりますが、以下晋くんのアピールを載せます。辺野古に行ける人は一週間でも一日でも辺野古にかけつけよう 行けない人も周りにガンガン訴え、現場から闘いを組織しよう防衛施設局に抗議を集中しよう(M)


★那覇防衛施設局
 (TEL・FAX)098-868-0174~9(代表)
   連絡先:広報室(内線223~235) 

★第11管区海上保安本部 連絡先
 (TEL)098-867-0118
 (E-mail)soumu-11@kaiho.mlit.go.jp
※海保は、「海の安全を守る」という「中立姿勢」を完全に逸脱し、阻止行動を妨害しています。

★久間章生防衛庁長官
 (TEL)03-3508-7458
 (FAX)03-3502-5058


続きを読む
 政府が辺野古の海上調査になんと海上自衛隊を導入するという方針を決めたと報道されました。日本テレビのすっぱ抜きでまだなかなかニュースになっていませんが、重大な事態です

日テレでの報道のようす


 沖縄・普天間基地の移設問題で、政府は移設先の沖縄・名護市辺野古の海域で行う環境調査に、海上自衛隊を動員する方針を固めた。
 政府は、今週中にもサンゴやジュゴンの生態を調べるため、海底に調査機材を設置するが、日米同盟重視の観点から、移設計画の遅れは許されないとして、地元反対派の抗議行動を阻止するため、民間人ではなく、自衛隊員の動員を決めた。

ニュース映像はこちら→http://www.news24.jp/83561.html


 政府は導入の理由として、「地元反対派の抗議行動を阻止するため」だと言っています。これは、阻止行動に立ち上がった人間に銃を向けるということです。沖縄戦のときの日本軍のような軍隊として自衛隊を登場させるということです。
 何が「十分に住民の理解を得た」(4/13安倍)だ 絶対に許せないっ
 “基地・戦争を許すのか、国が倒れるのか” 物事ははっきりしました。これまで国に強いてきた勝利の大きさと、阻止行動が完全に新たな段階に入ったことを確認し、新たな闘いにうって出よう(M)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。