NO BASE HENOKO TOKYO

毎週水曜日19:00~三鷹駅南口で僕と握手!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1010625.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
20060928192434.jpg

【転送歓迎】

不当逮捕に怒り、心配して下さった皆様へ

 9月25日午前9時55分の名護署による不当逮捕によって身柄を拘束されていた平良
夏芽です。長い拘留を覚悟していたのですが、全国・全世界の皆様からの激しい抗議が功
を奏したのでしょう。昨日(27日)午後1時に釈放されました。二日半の拘留でした。
車に衝突した時に多少の傷は負いましたが、擦り傷・打ち身の程度ですでに回復しつつあ
ります。疲労と断食で体重は3キロほど減りましたが良いダイエットになったと思ってい
ます。私は非常に元気です。
検察は、処分保留という判断をしました。私に足かせをつけたつもりなのだと思います。
しかし、私を含めた仲間たちは、このことで弱っていません。今後は、さらに激しい弾圧
が待っていると思います。それでも負けるわけにはいかないのです。私たちが負けるとい
うことは、基地が建設され、そこから発進する軍隊によって多くの人々が殺されるという
ことなのです。
 私たちは、人殺しに繋がる基地建設は絶対に止めなければならないと決意しておりま
す。
今回問題になっているキャンプ・シュワブ内の文化財遺跡調査は、防衛庁主導のもので最
終的には文化財を破壊し埋め立てることを前提とした調査です。私たちは、このような調
査を認めず、文化庁主導の文化財を保護するための調査を求めているのです。
基地建設に繋がるすべてのことは、止めなければなりません。海の上で止めてきたよう
に、陸の上でも止めなければならないのです。名護署の警察官には、「あなた達が県民を
守る覚悟をしない限り、今後、名護署は良心囚でいっぱいになるでしょう」と伝えてきま
した。
今回の逮捕によって、私を非難する人もいます。しかし、その数をはるかに上回る人々が
支持と連帯の挨拶を届けて下さいました。辺野古の闘いが、本当に多くの方々に支えられ
ていることを改めて体感することができました。
皆様の敏速な動きに、深く感謝申し上げます。檻の中での生活をわずかでも経験すると、
ともすると卑屈になって、皆様に謝罪しなければならないという気持ちも湧いてきてしま
うのですが謝罪はいたしません。謝罪すべきは名護署であり、基地建設を強行しようとす
る勢力だと信じるからです。
しかし、動いて下さった皆様には、深く頭を垂れて感謝をしたいと思います。
ありがとうございました。今後とも、連帯をよろしくお願いいたします。

2006年9月28日

(簡単ないきさつ)→
続きを読む
平良夏芽不当逮捕に対する抗議、要求の電報を全国から集中してください。

平和市民連絡会 平良夏芽さんが、辺野古ヘリポート基地建設のための調査に抗議したことを理由に不当逮捕されたことは、すでにご承知だと思います。

今後の夏芽さんの身柄ですが、9月25日逮捕、27日までには検察庁に送検、 同日裁判所に勾留請求になると思われます。

まず、第1段として、今日、明日の間に即時釈放の抗議電報と、勾留するなの声を、全国から集中してくださいますよう、呼びかけます。

本件逮捕は、極めて政治的な意図に基づく弾圧です。
検察庁、裁判所にも、単なる「事件」との口実で、逃がさないためにも、抗議、要求電報を集中してください。                                     

① 警察に対して「不当逮捕に抗議する。 即時釈放せよ。」
   1 沖縄県警察本部 那覇市泉崎1-2-2
        電話 098-862-0110    

    2 名護警察署 名護市東江5-21-9         
        電話 0980-52-0110

② 検察庁に対して「不当逮捕に抗議する。勾留請求をするな。即時釈放せよ」   

    1 那覇地方検察庁名護支部 名護市字宮里452-3                電話 0980-52-2743   
  
    2 那覇地方検察庁   那覇市樋川1-15-15       
        電話098-835-9200

③ 裁判所に対して「平良夏芽に対する勾留請求を認めるな。」
   1  那覇地方裁判所名護支部 名護市字宮里451-3
         電話 0980-52-2642    
     
    2 名護簡易裁判所  名護市字宮里451-3             電話0980-52-2794

以上は、身柄に関する抗議、要求先です。


公務執行妨害の相手方である名護市教育委員会、名護市長にも併せて抗議をしてください。

あと、本土でもっとこのこと広めるために、みなさん、マスコミにもこのことを取り上げるようにアピールしてください!また取り上げられたとしても、その記事に対するリアクションを、できれば形に残るもの(FAXなど)で、直接、新聞、TV局にうったえてください。
世論をつくっていけば、必ずとり返せます!                      

20060927012503.jpg

9月26日22:00 金高弁護士と接見した夏芽さんから皆へのメッセージをもらいました。

檻の中にいると、自分が犯罪者のように思えてきます。

外の情報がほとんどはいらず、自分が孤立してしまっているのではないかという不安が、心に広がってきます。「外の仲間を信じろ」と自分に言い聞かせていましたが、不安は払拭できていませんでした。弁護士を通じて多くの皆さんのメッセージを読ませていただきました。

お腹はすいていますが、心は満たされています。

取調べの中でほとんど黙秘していますが、「資産は?」と聞かれた時に、「仲間達です」と答えたことは間違いではありませんでした。

最後の最後まで共に闘っていきましょう。

平良は元気です。

そして幸せです。
                   平良夏芽

今、沖縄・辺野古というところに、むっちゃきれいな海をうめたてて、新しい米軍基地が建てられようとしています。そして、そこでは、80、90のおじいおばあを中心に、10年間に反対運動が続いてきました。
辺野古の闘いは、撤退した「非暴力」暴力はもちろん、罵声も禁止です。それは沖縄の苦難の歴史から脈々と受け継がれてきたものであり、そこにいる人々は基地を通して、世界中の戦争に加担してきた歴史を自分のこととして受け止めている人達です。

今日そこで、はじめての逮捕者がでました。世界中から集まってきた人達によって、10年間かけて今までの基地の計画案を押し返したあと、新沿岸案なるものが発表され、海の上ではなく、陸地にある基地の上に作られることが決定されました。しかし、この基地の中には、琉球王朝時代の貴重な文化遺産があることがわかっており、基地をたてるには、この文化財を移設する、その調査が必要です。しかし、これは、あくまでも基地建設を前提とした調査であり、文化庁ではなく、防衛庁が主導である限り認めない姿勢をずっととってきました。そして、この調査をとめるため、基地のゲート前にいた時に事件が起きました。

詳しくはジュゴンの家HPへ。http://nagodugonghouse.web.fc2.com/2006-index.html

抗議の声、全国からあげましょう。うちらの未来がかかってます。

■名護署  TEL:0980-52-0110

■名護市教育委員会   〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号  TEL:0980-53-1212(380)  FAX:0980-53-7825

■那覇防衛施設局  TEL098-868-0174~9(代表)  連絡先:広報室(内線233~235
続きを読む
たった今辺野古から連絡がありました!!

調査はしないといっていた施設局と教育委員会が
今朝、調査を強行するとの連絡を受けて
ゲート前に集まり阻止行動をしていたところ、
施設局か教育委員会の車の前に身を挺して止めていた
夏芽さんに対して、車が突っ込んできて
夏芽さんを轢いて、
跳ね飛ばされて警察官が取り囲んだそうです!
夏芽さんはその行為に対して、「責任者を出せ」等と抗議したところ
警察が公務執行妨害で夏芽さんを逮捕したとのことです!!
信じられない。これが人間のすることなのかよ。


夏芽さんの容態は分かりません。
いまみんなで名護署の前に集まっているそうです!!

ふざけんな、
抗議の電話・FAXとにかく何だっていい
東京でできることを!!


■名護市教育委員会 
 〒905-8540 沖縄県名護市港一丁目1番1号
 TEL:0980-53-1212(380)
 FAX:0980-53-7825

■那覇防衛施設局
 TEL098-868-0174~9(代表)
 連絡先:広報室(内線233~235)


辺野古より報告です。
先日の14,15日の那覇防衛施設局の文化財調査を強行したことについて、へのこ現地から声明がでています。この調査は、防衛施設局が、辺野古のキャンプシュアブ内にある、貝塚などの文化遺跡の調査を名目に、基地建設を前提とした調査を強行しようとしました。
現地では、50人近くの人達が集まりこの調査を阻止、その後すぐに那覇防衛施設局に抗議、名護市教育委員会とも協議中です。

結論としては、「基地建設の前段階として行う調査であれば阻止する。」「基地建設が前提ではなく、防衛施設局の介入なしの純粋に文化庁と教育委員会の調査であれば認める」という従来のスタンスと変わっていません。

本来文化庁主導であるはずの文化財調査を、施設局が主導でやるということは、あくまで辺野古に基地をつくるということを前提にしており、絶対に認めることはできません!これから、本格的な基地建設着工に向けて、事態が緊迫化していくことが予想されます。気をぬかず、自分の場所で何ができるのか、一緒に考え行動しましょう!
続きを読む
IMG_5943.jpg

続きを読む
緊急・辺野古から
晋くんから電話。「街」が作ってます。
10時10分 「キャンプ・シュワブ、ゲート前に機動隊が集まっている!」
文化財保護の名を借りた、基地建設強行反対!
反対派市民を警察・機動隊が排除・逮捕しようとしている。



名護「ジユゴンの家」日誌から
★今日の調査阻止行動についてマスコミ・報道各社は「反対派が文化財調査を阻止」と報道しました。多少の誤解と説明不足があったため説明致します。(文責・ジュゴンの家・富田晋)
今日の調査を阻止した理由については2点あります。
そして私達は決して文化財を保護することを阻止したのではないということ。むしろ文化財は「文化財保護法」にそって必ず保護を実施すべきという観点での行動であったことを説明しなければなりません。
緊急な行動だったため、事後報告になってしまったことをお詫びします。

・阻止した理由①
 那覇防衛施設局は「新沿岸案の兵舎移転を実施(作業強行)するために事前調査として文化財を保護するための適切な処置をする」として今日、名護教育委員会に要請し、調査に踏み込もうとしました。
 簡単に申し上げれば、防衛施設局はこの文化財を保護するという建前を利用して、「兵舎移転の調査及び、作業強行」を行おうとしているのです。
 03年4月8日、この時も「ボーリング調査の事前調査」と称して”名護市議会”の承認のもとで実質ボーリング調査強行へと踏み切ったのです。
 私達は決してこのような「基地建設をする」という前提にたった調査を許すわけにはいきません。
 「基地建設を行う」という前提に立っている時点で「文化財の保護を適切に行う」などと言うこととは完全にかけ離れていて、矛盾しています。

・阻止した理由②
 文化財の調査は本来、民間人も調査を見ることが可能ですし、報道陣ももちろん自由に取材が許されています。
 防衛施設局は今回の調査において基地内のためとの理由で「部外者・マスコミをシャットアウト」しました。
 調査を第三者の介入なしにして健全に遂行することが出来るのか、疑問を呈せずにはいられません。例えば、防衛施設局の圧力のもとでねじ曲げられた調査になってしまう可能性も十分にあるのです。
 密室の中で執り行われる調査において何が起こってもおかしくはないということです。
 「適切な調査」は第三者(民間の学者・マスコミ)を入れての調査です。それが行われていない中での防衛施設局主導の調査は認めることが出来ません。

 重要なことは防衛施設局が今回の調査を「基地建設の前段階」とし、文化財保護を利用して、”基地建設に名護市教育委員会のお墨付き”をもらって基地建設強行に踏み込もうとしていることです。

★最後に付け加え。
 名護市教育委員会は沖縄の戦後の中、焦土と化した地で、そして土地接収の銃剣とブルトーザーの中で発掘調査や文化財を保護してきました。私達は決してそのような方たちの尊厳を傷つけるような行動はしたくないと考えています。
 そのような闘いの中で勝ち取られてきた沖縄の文化を共にしっかりと保全するために基地建設を阻止しようと考えています。
 そして、私達は名護市にある尊厳を踏みにじり、骨の髄まで利用し尽そうとする政府、防衛施設局を徹底、許す事は出来ません。どうぞ、私達の闘いに賛同してくださり、共に闘っていただく事を願います。

★明日、15日(金)
 明日も「調査」を行うということです。今まで述べた理由を元に私達は「基地建設を前提」という姿勢を取り止めてもらうため明日も行動します。
 今日、来られた人達はたくさんの方が仕事を休んで来られました。毎日、それでは続きません。明日なら、なんとか時間を作って来られるという方は朝(具体的には申し上げられません。)辺野古「命を守る会」事務所前までおこしください。
きょう踏査実施/キャンプ・シュワブ 2006年9月15日(金) 沖縄タイムス 朝刊 29面



 【名護】普天間飛行場代替施設建設に向けた名護市キャンプ・シュワブ内の兵舎移転に関して、名護市教育委員会は十五日午前、移転候補地の埋蔵文化財の現地踏査を実施する。名護市教育委員会の稲嶺進教育長が十四日、要請に訪れたヘリ基地反対協議会メンバーに明らかにした。
 十四日に予定していた現地踏査は、反対派の市民団体や住民らの阻止行動のため、同教委職員が基地内に入れず、実施できなかった。

 要請の場で、大西照雄代表委員は「防衛庁の早期着工論に基づき調査に踏み切るのであれば、埋蔵文化財調査の本来の趣旨に反する」と指摘。「基地内であっても文化財調査は広く市民に公開されるべきだ」として、防衛庁側に調査公開を求めてほしいと要望した。

 稲嶺教育長は「事業主体から文化財の有無の照会を受けている。有無の調査結果を知らせるのが役目。文化財を守る立場から調査する必要がある」と説明。担当者も「文化財保護法に基づいて作業するだけで基地建設の賛成反対を問われる立場にない」と述べ、基地建設推進のための調査ではないとの認識を強調した。

 協議は約一時間半にも及び、ヘリ基地反対協側が今後の対応を協議することを理由に、十九日まで延期するよう求めたが、稲嶺教育長はすでに那覇防衛施設局側に伝えたとして「十五日に実施したい」と理解を求めた。

 那覇防衛施設局は十四日午後、「施設局職員と(名護市教委以外の)名護市職員がシュワブ内に立ち入り、現場で写真撮影を行うなど現地踏査に向けた調査に着手した」と調査着手を強調した。



沖縄、名護市瀬嵩では、毎週土日に朝市が立つ。86歳、81歳のおばあと72歳のおばさんがやっている(ここではどうも80歳台は‘おばあ’なのだが、70歳は‘おばあ’ではない)。86歳のおばあは、朝の6時からソーメンチャンプルーや野菜のてんぷら、紅芋餅などを作って持ってくる。72歳のおばさんは、自分の家で飼っているにわとりが朝産んだというとれたての卵や、畑で作っている野菜を持ってくる。そして9時から夕方近くまで、売れるまで1日座っている...
photo02.jpg

続きを読む
9月16日(土)・17日(日)クラップハンズin東京vol.3『沖縄祭』

 ◎日 時:2006年9月16日(土)・17日(日)13~19時(予定)
 ◎場 所:代々木公園屋外ステージ・多目的広場(東京都渋谷区)
  ※雨天決行、荒天中止 ※入場無料

 @沖縄料理・物産等の展示・販売
 @沖縄伝統芸能の紹介
 @沖縄出身ミュージシャンの演奏
 @その他、ゲストの出演

 ■□■主催・問い合わせ■□■
 「クラップハンズ事務局」
 〒901-2291
 沖縄県宜野湾市宜野湾郵便局私書箱103号
 HP→http://claphands2.com
 メール→claphands2@yahoo.co.jp

9月17日(日) 「獄中32年目の真実」 9月17日・東京連絡会5周年集会
星野文昭さんをとり戻そう!
 スピーチ  
*上江田千代さん(元ひめゆり学徒) 
「元ひめゆり学徒の証言」
*岩井信弁護人  「星野再審をたたかうということ」
*朗読劇     「イノセント」(無実)
獄中結婚20周年と迎えた星野文昭と暁子からのメッセージ
 
開場 午後1時30分
開演 午後2時
会場 杉並区西荻地域区民センター 第3.4集会室
TEL 03-3301-0811

9月22日(金) 「米軍再編 岩国の選択」試写会 ドキュメンタリー・98分 西山正啓監督・2006年作品
 市民の市民によるかけがえのない体験を子どもたちへ語り継ぐために

  「米軍再編 岩国の選択」~2006住民投票の記録 試写会
 日時:9月22日(金)19時~
 会場:文京シビックセンター 地下1階学習室
 (地下鉄丸の内線・南北線後楽園駅下車すぐ 大江戸線・三田線春日駅下車2分 )
 料金:800円
 連絡先:基地はいらない!女たちの全国ネット(090-85089722 芦澤)

続きを読む
たちました。イラクの情勢はますます厳しくなっています。そして、アメリカの報復攻撃、占領が全く間違っていたことが、日々証明され、先日アメリカの上院でも、報告されました。
(『アルカイダと無関係』 米上院報告書 イラク戦根拠否定 共同通信 9月8日)

間違っていたのは、誰の目にも明らなのに、でも、だーれも謝らない、責任とらない、人を殺しといて「ごめんなさい」も言わない、そんな中でイラクの民間人の死者は約5万人にものぼっています。(Iraq Body Count(IBC):http://www.iraqbodycount.net/database/より)そして、小泉首相はまっさきにこの戦争を支持し、私たちの税金をつかって、武器や輸送費や自衛隊まで送りました。わたしたちは、米軍をとおして、普通の生活をしていたイラクの人々をレイプし、虐待し、クラスター爆弾でバラバラにし、劣化ウラン弾で永遠に汚染し、やっと逃れたモスクで横になっているのを撃ち殺し、結婚式でお祝いをしていた上に、ミサイルをふらせてきまた。そして、沖縄は、その出撃基地として、ずっと今もその役割を強いられ続けてきいます。沖縄全体で5000人の米兵がイラクへと出撃しました。この戦争の責任は、私たちにあります。

そして、それを自分のこととしてとらえた人たちが、今、辺野古に座り続けています。5年たった今、もう一度考え、そして、行動しましょう。

NHKでは特集があります。
 シリーズBSが伝えた9.11後の世界 9月5日(火)~


続きを読む
060905kk021_240x180.jpg
辺野古の新基地建設に反対して、去年の10月から、みんなでこつこつと集めていた署名を、やーっと提出しました。毎月一回の防衛庁前抗議行動のときに、今まで頑張ってきた方々と一緒に提出しました。

内容は以上です。

続きを読む
P1010448.jpg

お腹も一杯になり、食後の運動も終わったところで
場所を移動します。
お母さんの背中の上でご満悦なふ~ちゃん

<photo &report TAKUYA >
続きを読む
P1010380.jpg

いつもの報告とは打って変わって
みんなで神奈川県の戸塚にある「舞岡公園」にピクニックに行きました
なんか、トトロがいそうな風景の道を
真っ黒クロスケを探しながら
舞岡駅から歩いていきます

<photo & report TAKUYA>
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。