NO BASE HENOKO TOKYO

毎週水曜日19:00~三鷹駅南口で僕と握手!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週もたくさんの沖縄イベントが開かれる予定です
しかも、なかなか聞けない貴重なものばかり!沖縄にまだ行ったことない方も、気にはなっているけど、どうしたらいいのかわからない方も、沖縄フリークの方も、ぜひぜひ足を運んで、沖縄の人々の想い、声に耳を傾けてみて下さい
これから、3.5の県民総決起大会にむけて、辺野古の若者達をはじめとして、沖縄全体が、大きく動きだしています!
私達も負けちゃいられない!それぞれの場所で、沖縄の人達と共に声をあげ、心を一つにして頑張っていきましょう!(くま




2月19日(日)
15時~
<ジュゴンの里から ~辺野古新基地建設阻止闘争の今~>
講師:東恩納琢磨さん(ジュゴン環境アセスメント監視団、ジュゴン保護基金)
中野商工会館 3F大会議室 中野駅北口歩10分



2月22日(水)
18時30分~21:00 

【日刊ベリタ シンポジウム】
「沖縄」をいかに本土に伝えるか 米軍再編とオルタナティブ・メディアの可能性

 参加費:1500円 ※予約不要 
渋谷区勤労福祉会館 第一洋室(渋谷区神南1-19-18 電話03-3462-2511)
主催・お問い合わせ:日刊ベリタ(info@berita.jp 電話03-5802-2430

パネリスト
西山 太吉さん (元毎日新聞記者)
近藤 好沖さん (琉球新報 東京支社報道部長)
石川 達也さん (沖縄タイムス 東京支社編集部長兼論説委員)
石山永一郎さん (共同通信編集委員)

司会
永井 浩(日刊ベリタ編集著)



<沖縄は「もう絶対」だまされない!~真喜志好一さんの「電気紙芝居」(最新バージョン)でみる「米軍再編」の現実~>


2月24日(金)夕方6時開場 6時30分開会 会場:神田神保町の岩波セミナーホール(70~100人収容)
地下鉄「神保町」2分 JR「水道橋」5分 TEL03-3264-4493
主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ)出版部会
協賛:日本マスコミ文化情報労組会議>参加費:JCJ会員、学生 500円 一般800円

2月25日(土)
18時30分~(開場18時)@沖縄県東京宿泊所「若夏荘(わかなつそう)」信濃町駅下車徒歩5分
主催:辺野古への海上基地建設・ボーリング調査を許さない実行委員会

3月3日(金)
19時~
まよなかしんやコンサート@武蔵関

続きを読む
スポンサーサイト
DSCN0747_t.jpg

6時だよ、全員集合!東京には、珍しいポカポカあったか陽気の中、今日もみんなで街宣です
続きを読む
3月3日(金)19:00~
あの男が東京の若者たちと手を組んだ!!
まよなかしんや、東京に火をつける!!
まよなかしんやLIVE@練馬
20060210151635.gif

●date:2006/03/03 19:00~21:00
●place:オープンスペース[街(まち)]
東京都練馬区関町北4-2-11 03-3928-1378
※地図→click!
●charge:1,000yen
●artists:
041122-23machi113_240x180.jpg
 まよなかしんや
 ヨッシー&じゅごんの家
 NBHの若者たち and more!!

●お問い合わせは…
 NO BASE HENOKO TOKYO事務局(とみしょうや)03-3723-1014
 E-mail: tomisho-ya@rainbow.plala.or.jp
Peace Music Festa!辺野古


pokke104_01.gif



沖縄は名護市の辺野古(へのこ)のビーチで音楽祭を開催します!!

在沖の米軍基地に疑問を感じていた20代の3人が那覇で出会い、2006年3月の米軍再編・最終報告の前に、何か出来ないか??と、新基地建設地の辺野古での音楽祭「Peace Music Festa in 辺野古」を企画しました。

このイベントをきっかけとして、なかなか訪れにくい辺野古へ足を運んでください。
みんなが音楽を楽しみ、色々と考えてもらえれば良いな、と思っています。
時 : 2006年2月19日(日) 午後2時~午後9時
所 : 辺野古ビーチ 沖縄県名護市辺野古  地図
キャンプシュワブと辺野古漁港に挟まれたビーチ。
入場料 : 前売り¥1,000 当日会場¥1,500
駐車場 : あり 地図参照
天気 : 荒天中止 最新情報はHPにて確認して下さい。
http://www.peace-music.org/pages/front.html

出演アーティスト
【県外】
NANJAMAN
★Special Guest fr. 神奈川
【県内】
U-DOU&PLATY
山原ragga兄弟
     PACHECO
KING JAM SESSION
     花バンド
MAJESTICS
RYUKYU LION
385




3・5沖縄県民総決起大会の開催
20060210150413.jpg

●日時:2006年3月5日(日) 
      15:00~平和イベント     
      16:00~県民総決起大会
●会場:沖縄県・宜野湾市海浜公園 多目的広場
●大会名称:
知事権限を奪う特措法制定反対 「普天間基地の頭越し・沿岸案に反対する沖縄県民総決起大会」
●主催:
普天間基地の頭越し・沿岸案に反対する沖縄県民総決起大会 実行委員会(略称:県民大会実行委員会) 実行委員会幹事会
●事務所: 〒900-0036 沖縄県那覇市西3-8-14 連合沖縄内



2月に入りました。今、辺野古がえらい面白いことになっています。3月5日に「県民大会」を控え、その準備にもう(と言うか、遅い?)追われています。

今回の県民大会、みんなの気合の入り方が違う!
各市町村に実行委員会を置くという徹底した体制。そして、次々と燃え上がる若者達。それは、県民の大多数が反対している「沿岸案反対、県内移設反対」のための集会と言う枠を超えて、多くの人が立ち上がろうとしているから。
後から、話しますが日本各地みんなで手をとり「日米再編」に
立ち向かおうとしているからです。

目指すは10万人!
今こっちは、本気で10万人を目指しています。

一言で10万人と言うけど、それはどういうことか?
その人達は絶対基地に反対、受け入れない!そんな気持ちのある人間、「県民の13分の1」が立つ。
その事態を日本に置き換えたらどうでしょう?

1000万人の人が集まり「戦争なんてくだらないんだ!」、
「基地はもうたくさんだ!」と叫ぶ。そんな事態なんですよ。

そして、その先頭に立つのは、おじい・おばあではなく、おじさん・おばさんでもなく、10、20代の僕ら若者です!

今、日本各地の色んな県が手をとり始めています。山口の岩国、神奈川の座間はじめ実際にネットワークが出来始めている。さらに、韓国との交流が作られ、アメリカとの交流も11・6より作られ始めている。もう、沖縄の孤軍奮闘じゃないんです。「反基地」は世界的な動きなんです!
この集会で、世の中を動かしてやる!という意気込みが
この3・5に込められています。

少女暴行事件があって、12歳の彼女は「もう二度と、同じ悲劇がくりかえさないで欲しい。お願いします。」と証言台に立ちました。が、その後も事件は起き続け、飛行機も落ち続けています。その上で、沿岸案にさもなければ特措法。土地も空も権利を奪い、さらに言うこと聞かなければ海の権利も国が奪おうか?と言っている。公共の利益の名の下にです。

本当に国同士がミサイル突きつけあうことが、より強い軍事基地を作ることが、本当に公共の利益なんでしょうか?
そこに、基地や兵器があることでどれだけの人が苦しむのか。
もう、人間はみんなわかっているはずなんです。

だから、
基地を失くす団結を、戦争をなくすためのつながりを強くするこの3月5日の県民大会に是非みんなの力が必要です。
宜しくお願いします。 (へのこの若者より






このヘノコの看板を持っているのは実は高橋くんです。
ノーベースヘノコ東京の視察!?といったところでしょうか(笑)
この日の東京は寒波が来ていて高橋くんはかなり寒そうでした…

【report&photo ミラクル】
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。