NO BASE HENOKO TOKYO

毎週水曜日19:00~三鷹駅南口で僕と握手!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■11月2日(水)
○四ッ谷街宣-17時半に四ッ谷駅麹町口に集合
○そのあと、ミーティングもやります。

□11月3日(木)
☆:『STOP!改憲暴走 11・3憲法集会』
と き 13:00開場、13:30開会、集会後、防衛庁にデモ
ところ 聖イグナチオ教会ヨセフホール(四ツ谷駅すぐ)
参加費:500円
主催 11.3憲法集会実行委員会

■11月5日(土)
☆:『一橋祭シンポジウム企画 沖縄から米軍再編協議を問う』
講師 新崎盛暉さん(沖縄大学名誉教授)
と き 12時から15時
ところ 一橋大学・国立西キャンパス第1講義棟403教室
主催 一橋大学社会問題研究会
※NBHメンバーの主催です。 

■11月6日(日) 
10・30県民大会と連帯! 改憲と戦争の小泉に1万人のデモを!
☆:『STOP!小泉 11・6全国労働者総決起集会』
と き 午前11時30分開会、集会後デモ
ところ 東京・日比谷野外音楽堂
○韓国・民主労総ソウル本部
○アメリカ・ILWU(国際港湾倉庫労組)、AMFA(ノースウェスト航空整備士労組)など
よびかけ 全日本建設運輸連帯労働組合・関西地区生コン支部/全国金属機械労働組
合・港合同/国鉄千葉動力車労働組合
※詳しくはホームページ【http://www.geocities.jp/nov_rally/】を参照してくださ
い。 
※NBHも賛同し、みんなでかけつけます。沖縄からの発言は、富田晋くんが行ないま
す。

■11月8日(火)
 緊急企画!!
 へのこ報告会@上智大学  By富田晋
  ついに、あの男が、四谷に上陸!
  あなたは、この熱さについてこれるか?!

 みなさんお待たせしました!晋くんついに大学上陸です。
 上智は、新宿からも電車で5分と非常に便利な場所です。
 学生ではなくても、参加可能!ぜひぜひみなさんお友達お誘いの上、 いらしてください。
 
 時間 18時半~20時半まで
 
 場所 上智大学四谷キャンパス
    紀尾井坂ビル地下1階 B105教室
    (JR・地下鉄四谷駅から徒歩10分)

*行き方... 駅からおりてすぐ見える上智大学と書かれた大きな白いビルをくぐり、SJハウスを左手に見ながら、ひたすらキャンパスの奥の方に、まっすぐ行った、一番奥の建物です。1階の自販機がおいてあるスペースをすぎ奥まで行き、エレベーターか、階段を使って地下1階にでて下さい。左手奥に教室があります。また11号館の食堂ラウンジからもつながっていますので、ご使用ください。
わからない方は地図を→⑪という番号がついている建物です。
それでもわからない方は、こちらまでbearhand21@t.vodafone.ne.jp
   
20051107153645.jpg




■11月9日(水)
NO BASE HENOKO TOKYO主催、この秋最も熱いオンガク★イベント!
☆:『緊急企画!いま、辺野古、闘いのウタ』@自由が丘
①【ヨッシーとジュゴンの家】新曲披露LIVE!
②【えびのからと仲間たち】LIVE!
③辺野古の若者代表【富田晋】プチ講演
④「辺野古帰り」若者たち大集合!のガチンコトーク
と き 18:30~20:40
ばしょ 緑ヶ丘文化会館第7研修室(視聴覚室)(緑ヶ丘コミュニティーセンター本
館)
主催 NO BASE HENOKO TOKYO お問い合わせは、03-3723-1014(富田)まで
※詳しくはブログを参照してください。

■11月12日(土)
☆:『高校生反戦討論集会』
○17時から20時 国立商協ビル2階・大ホール
※NBHメンバーの主催です。

□11月13日(日)
☆:『11・13第1軍団は来るな!キャンプ座間包囲行動』
○午後2時から キャンプ座間司令部外周にて

★11月16日(水) ※ブッシュ訪日(京都)、日米首脳会談
※何をやれるか検討中です。

□12月3日(土)
☆:『教育基本法・憲法の改悪をとめよう!12・3全国集会』
○午後2時から午後4時、集会後パレード @日比谷野外音楽堂

■12月11日(日)
☆:『映画・「GAMA~月桃の花~」上映会』
     @目黒区田道住区センター(JR・東急「目黒」駅から徒歩10分)
スポンサーサイト
20051101000220.jpg


もうぉぉっ、絶対に許せないっ! 日米政府が新たな辺野古押しつけ、米軍再編の中間報告に合意しました。
何が「合意できてよかった」だ! 何が「負担軽減にがんばりました」だ! ふざけるんじゃない! 

辺野古移設に賛成している人は沖縄のたったの3%です。辺野古、沖縄の人間をかやの外において、「リーフ上」だの「沿岸」だの騒ぎ立てて、いったい何が「合意」でしょうか。
小泉首相は、「これから関係自治体に理解、協力を求めていく」と言いながら、同じ口で、「(特措法を)検討する」と言っています。

特措法とは、公有水面埋め立てや環境影響評価など知事の許可が必要なものを国が代執行できるようにするというものです。地元の意思なんてこれっぽっちも問題にもしていない。結局、おじーやおばーの命の叫びを力ずくで押しつぶそうというのです。こんなものは認められないっ!

「負担軽減」!? こんなものができたら東海岸一帯に人は住めなくなります。漁業も破壊されます。報道では、MV22オスプレイや空母艦載機も使えるように滑走路を1800㍍に延長したといわれています。那覇防衛施設局は、那覇軍港を大浦湾に移設するとまで言い出しています。日米政府はいまや、15年使用期限やSACO合意をも完全に踏みこえて、巨大な恒久軍事基地をつくろうとしているのです。こんな子ども
だましはもう通用しない!

「沖縄海兵隊7000人削減」が、目に見える「負担軽減」としてセンセーショナルに報道されています。でもこれも、いわれているようなものとは全く違います。

「台湾海峡の危機などに日米が即応できる体制を敷く一方、沖縄海兵隊の中枢機能を中国軍の短距離ミサイルの射程外に移す狙い」「米軍はグアム島に戦略爆撃機や攻撃型原潜を追加配備し、…布石を打ちつつある」(10月30日付日経新聞)。
要するに、戦争するときに攻撃されては困る司令部を、グアムに移すということなのです。もちろん、26日の合意に対する沖縄の怒りが当初4500人といわれていた削減を7000人に上乗せさせたということはあると思いますが、歩兵部隊や砲兵部隊などキャンプ・シュワブやキャンプ・ハンセンの実践部隊はすべて残ります。しかも、これを補うのが自衛隊だとされ、実際にキャンプ・ハンセンや嘉手納基地を米軍と自衛隊の合同使用にしようとしています。これのどこが「負担軽減」かということです。

これは実際には、朝鮮や中国に対する侵略戦争の準備です彼らは、イラクにつづいてアジアでも本気で戦争をやろうとしています。彼らは、沖縄に差別的に基地を押しつけ、再び戦火にたたきこもうとしています。沖縄をカナメとして横須賀に原子力空母をおき、座間に司令部をおき、米軍と自衛隊を一体化させながら、日本丸ごと侵略戦争の道につっこもうとしています
こんなことは絶対に許せない

20051031235118.jpg

基地は絶対につくらせない! 何年たとうがどこにつくろうが、こんなものは絶対にできない! とめてやる! 
これまで辺野古のおじーおばーやたくさんの仲間とともに基地をとめてきたからこそ、確信をもってそう言えます
沖縄がカナメとは逆に言えば、いま沖縄の基地をとめ続けていることが、日米の戦争計画全体を破綻させているということです。3分の2の議席をとろうが、小泉を追いつめているということです。沖縄と日本の運命をこんな連中に勝手に決められてたまるか! みなさん、沖縄の人々といっしょに声をあげよう!
 
30日に沖縄県那覇市の与儀公園で開かれた、「辺野古等基地の県内移設に反対する県民総決起大会」には一万人の人々が参加し怒りをぶつけました。
このことをもっともっと大宣伝して、東京でも1万人の声を上げましょう! (文責:ムラナカ)  
 
◆2プラス2、日米首脳会談に抗議の電話・FAXを!

○防衛庁 TEL:03-3268-3111 FAX:03-5362-4857
○外務省 TEL:03-3580-3311
○首相官邸 TEL:03-3581-0101 FAX:03-3581-3883
○防衛施設局 TEL:03-5366-3111
○那覇防衛施設局 TEL:098-868-0174
○アメリカ大使館 FAX:03-3224-5856

henoko.jpg


日米政府辺野古沿岸案合意
【東京】在日米軍再編協議で大野功統防衛庁長官と町村信孝外相、ローレス米国防副次官は26日午後、都内で会談し、普天間飛行場の移設先について、日本側が主張した沿岸修正案で正式に合意した。
大浦湾からキャンプ・シュワブ沿岸部(兵舎地区)を挟み、辺野古沖浅瀬に一部突き出す形で、滑走路の長さは約1800メートル。位置については海上を主張していた米側が日本側に歩み寄った。普天間の決着に伴い
  (1)本島中南部四基地の北部集約を条件とした全面・一部返還
  (2)第三海兵遠征軍司令部のグアム移転
  (3)これらによる在沖米軍3千―5千人削減
  (4)嘉手納飛行場の騒音軽減策―など沖縄の負担軽減策も合意した。
辺野古沖の現行移設計画は中止され、稲嶺恵一知事が移設条件とした15年使用期限、軍民共用も白紙に戻る。
滑走路が延びたことで辺野古の浅瀬のサンゴや藻場の一部も埋め立てることになった。代替施設の半分以上が大浦湾の海上に新設する形となる。住民や環境団体は合意に強く反発している。
大野長官は会談後、記者団に、環境破壊を避けるために日本案を粘り強く主張したと説明、中南部の基地返還や「数千人の兵員削減」など負担軽減の規模を強調し「何とかこの案で理解、協力してほしい」と述べた。さらに、海兵隊の次期主力機MV22オスプレイの配備を念頭に滑走路を延長したことも明らかにした。琉球新報(10/27)


連日の辺野古の報道に、「もしかして、決着したの?」、「環境に配慮されるようになってよかったね!」などの声が、周りから聞こえてきていますが、
みなさーん、絶っ対にだまされてはいけません!!
辺野古は終わってません!!そして、全く、何も、事態は、解決されていません!!

①環境に対しての影響
今回だされた案では、ジュゴンの餌場である藻場の一部と、大浦湾が埋め立てられる予定です。
藻場の埋め立ては縮小されたため、ジュゴンへの影響は少なくなるんじゃないかと思っている人もいるかもしれませんが、とんでもありません!ジュゴンは、本来非常に繊細な生き物であり、埋め立てやそれ以外の方法であれ、工事に伴う騒音や汚染、また基地ができれば、米軍の演習訓練や、また機体の洗浄などによる、海水汚染によって、死滅は免れないでしょう。
また大浦湾は沖縄有数の珊瑚が広がり、ここでしか見られないクマノミや、最近発見された‘歩く珊瑚`など、貴重な生物達がすむ場所です。また、基地建設によって、潮の流れが代わり、本島北海岸のみならず、沖縄全体の海は、多大な被害をうけることは間違いないででしょう。

②沖縄の人々の声
沖縄の要求は「普天間基地の無条件返還」「県内移設反対」です。
沖縄全体でも、8割の人々がこの普天間移設に反対していました。
そして、今回の決定はそれを全く無視したものです。
沖縄の人々、ましてや、辺野古の人々は、全くこの案に納得していません!

今回のこの決定によって見えてくる日米政府の思惑
①沿岸部の埋め立ては大浦湾側にもはみだし、これによって大浦湾の軍港建設を容易にする。
②沿岸部の埋め立てとなれば、陸上での作業となり、私たちの阻止行動がしにくいということです。そして、陸上であれば、公に警察を介入させることが出来るからではないか...という憶測が、へのこ現地では
されています。

そして、それを裏付けるような決定がされようとしています。

知事許可権奪う 特措法制定へ 
日米両政府は二十六日、在日米軍再編で焦点の米軍普天間飛行場移設先見直しについて、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ兵舎地区を活用し、一部海域を埋め立てる案で合意した。
二十九日にワシントンで開く外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)で、自衛隊と米軍の役割分担と併せて決定する。二十七日午前、那覇防衛施設局の西正典局長が稲嶺恵一知事と面談し、内容を説明する。これを受けて政府は、予定海域(公有水面)の使用権限を知事から国に移す特別措置法案を年明けの通常国会に提出する方向で検討に入った。稲嶺知事の反対で移転が進まない事態を避けるのが狙いで、政府は二○○六年度予算案に建設費を計上、同年度中にも着手する構えだ。環境影響評価に三年、工期五年を見込み、一三年度中の完成を目指す。

 一九九六年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で方向付けた名護市沖への移設が地元の反対などにより、着手できなかった経緯を踏まえた措置だが、県側の反発は必至だ。ほかの在日米軍施設を移転する際にも適用する方針。

 公有水面埋立法は海や河、湖沼の公有水面を埋め立てなどする場合、事業主体が知事の許可を得なければならないと規定している。米軍は墜落事故などによる危険を避けるため、早期の移設を求めており、政府は知事の判断とは無関係に国の権限で埋め立てに踏み切ることが不可避と判断した。

 「禁じ手」に県民反発必至
 政府が米軍普天間飛行場の移設予定海域(公有水面)の使用権限を知事から国に移す特別法を検討していることが明らかになった。日米合意した米軍再編協議で沖縄側が強く望んだ同飛行場の県外移設を無視し、新たな県内移設案をゴリ押しするための「禁じ手」ともいえる手法を繰り出す日本政府に対する県民の反発は強まるばかりで、移設作業はより混乱する。沖縄タイムス(10/27)


要するに、辺野古の海の使用権限を、県知事から、政府に渡そうというものです。これによって、たとえ、沖縄県が、反対しようが、政府は、全く無視して、いくらでも自由に、海を使えるようになります。
沖縄の陸、空、そして海は、もはや沖縄の人々のものではありません。
米軍の、そして大和のものです。
そして、本来、主権があるはずの、そこに生きている、生活をしている人々の声や当たり前の権利は、全く押しつぶされています。まさに、植民地化、侵略が、この21世紀にもなって、ここ日本で行われようとしています。

辺野古のおじい、おばあは、今日も変わらず、8年間と約560日間、座り込みを続けています。
60年前沖縄戦の地獄を見て、戦争の悲惨さをいやという程知りながら、
朝鮮戦争~イラク戦争に、目の前から出撃していく米軍をとめられない事への罪悪感を背負い、基地によって、土地を奪われ、強姦され、殺され続けてきた人達...
そんな人達の、みんなで大事に守ってきたこの海を守りたい、子供や孫には戦争、誰にも死んでほしくない、殺してほしくない、そんな「命どぅ宝(命こそ宝)」の思いと、唯一残された生活の場さえ、私たちは取り上げようとしています。
どうか、みなさん、この事から目を背けないで下さい。

辺野古は、決着も、合意もしていません!!

この海を奪っておいて、「沖縄の海ってきれいだよねっ」て言える権利は、私たちにありません。
一緒に声をあげましょう!(くま


時間前に防衛庁前に着くと日本山妙法寺のお坊さんが太鼓をたたいてました。
毎週月曜、午後六時半から市ケ谷の防衛庁前で辺野古新基地建設中止を訴えてます。参加者からの訴え、辺野古から電話での状況報告、防衛庁への要請文提出などを毎週してます。
(詳しくは一坪反戦地主会関東ブロックのHPへ)

200510241815000.jpg


200510242256000.jpg
防衛庁前の集会後、えびのからたちと飲み会
酔っ払って駅前で歌いだすえびと広島の先生。当然曲は『ターニングポイント』



おまけ
200510250937000.jpg

座り込み開始555日目
かんきちより似合うりんたろー


まよなかしんやライブと同時刻、日比谷野音では国際反基地反戦集会が催され、約五千人が集まりました。
200510211842000.jpg
壇上に米軍の基地や演習地を抱えるグァム、フィリピン、韓国の方たちが上がり「もう基地はいりません!」とそれぞれの思いを熱く語り、オーストラリアからは「イラクから自衛隊が撤退すれば、自衛隊の護衛にあたっているオーストラリア軍は任務がなくなる。自衛隊のイラク撤退を日本の市民の力で実現させてください」との訴えも世界中に平和のために闘っている仲間がいることを改めて知らされ、力付けられるメッセージでした。
200510211856000.jpg
暗くてわかりづらいですが辺野古から駆け付けた安次富さん「再編協議が沖縄の声を無視して進められている。日米政府がさらに沖縄を踏み付けるなら沖縄のマグマが爆発する!!」各国からの訴えに触発されたのか、見たことないぐらい熱く語る反対協代表です。

200510211907000.jpg
沖縄平和運動センターの山城さん(実は辺野古にはこの山城さんファンは多い。かく言う僕も…)発言はとにかく熱い!熱くて、熱すぎて笑えます。手には紙を丸めた棒を持って講壇をべしべしやってます。

そんなこんなで、まよなかしんやライブには行けなくても充実した一日でした。(まこ
辺野古の、ヘリ基地反対協代表の安次富さんが東京にいらしていて、練馬の【オープンスペース街】で交流会をやるよ!と【街】の皆さんに誘われたので、[NO BASE HENOKO TOKYO]の若者たちもいそいそと参加しましたとさ!!ヨッシーのライブ(新曲お披露目!)ありーの、みっちゃんの即興ブルースありーの。安次富さん、日ごろのお疲れを癒す(…というか発散?)できましたでしょうか??
※写真の一部は【オープンスペース街】のWEBサイトからお借りしました!http://dugonghouse.fc2web.com/maci2005.10.9.html

うたう安次富さん(ペットボトルがマイクです)
051022maci046_240x180.jpg
のりのりののりこさん&はねやん
DSC01507.jpg
芸術的かつ、闘いのハモニカ・ヨッシー
051022maci058_240x180.jpg
初対面&初共演、とみしょう&ジェントル

20051024125122.jpg
ジェントルをほめまくる安次富さん
051022maci025_240x180.jpg
食べる安次富さん
051022maci026_240x180.jpg
そして、まこ
051022maci022_240x180.jpg
そして、そしてカンキチさん
051022maci028_240x180.jpg
ほうら、こんなに泡盛!!
051022maci042_240x180.jpg
ナカヨシ★大まこちゃん&安次富さん
051022maci062_240x180.jpg
ナカヨシ★★ミラクル&小まこ
051022maci073_240x180.jpg
NBH三姉妹★くま★しょー★れい
051022maci032_240x180.jpg
そして今日は則子さんバースデイ!ちびちび花束を渡す
20051024125212.jpg
ヨッシーの差し入れ・かぼちゃプリンいただきまーす!
20051024125250.jpg
みっちゃんの即興「辺野古」ブルース・JAZZセッション
DSC01501.jpg
天才ぶりをいかんなく発揮するジェントル!!
051022maci068_240x180.jpg
ナオコも「私の愛した街」を披露くまこが感動。
20051024125343.jpg
そしてジェントルの弾き語りまじすごいっす

photo & report:TOMISHO
20051001121519.jpg
※写真速報①!!※

DSC01410.jpg

DSC01413.jpg

DSC01416.jpg

DSC01417.jpg

DSC01419.jpg

DSC01422.jpg

DSC01423.jpg

DSC01424.jpg

DSC01425.jpg


※写真速報②※
うちあげにて…みんなそれぞれ自己紹介~☆

DSC01428.jpg
かんきちさんー!フロム那覇!
DSC01429.jpg
れい!MCおつかれっ!
DSC01431.jpg
ヨッシー!
DSC01436.jpg
ミラクル★グッジョブ!
DSC01440.jpg

DSC01442.jpg
しんやさん!!「♪生きてるかーい!飲んでるかーい!!」
DSC01445.jpg

DSC01449.jpg

DSC01451.jpg

DSC01454.jpg

DSC01461.jpg

DSC01462.jpg
大まこちゃん!おつかれさまでっす!
DSC01464.jpg
ルーキーエース・晋ちゃん♪♪
DSC01466.jpg
ムラナカ!最近、涙もろいんです…。
DSC01467.jpg

DSC01468.jpg
マスコミについて熱く語るマエダさん~
DSC01469.jpg
今日も来てくれました、コガさん~
DSC01472.jpg
いえ~い☆とみしょうだぜ~
DSC01474.jpg
く★ま★てです!!
DSC01476.jpg
おおトリは小まこです~!!その熱さ、某し○くん以上。。。
※写真速報③!!※
そしてここでも止まらない、かつTフィーバー!!
次は「まよしんTシャツ」が来る……!!??


DSC01482.jpg

DSC01484.jpg
コガさん、【くまてブルー】(ほんとは「ロイヤルブルー」)のかつTがとってもお似合いです!
そしてなんと、マエダ氏は、背広の下にダークグリーンのかつTを着てコーディネート!!新しいです!
DSC01478.jpg

DSC01479.jpg
うっかり似た色のシャツを着てる上に、
うっかり同じバーガンディーのかつTをお買上げなブラザー魂(ソウル)
DSC01480.jpg
かつTをゲットし、はしゃぐ素敵なおじさまたち。
DSC01483.jpg
もてるムラナカ、初かつTオメデトウ!!


※おまけ※
DSC01486.jpg
リンタローに癒されるくまこ~
DSC01488.jpg
「友情のあかし!」(…と思ってるのはくまこだけ…?)
20051023170758.jpg


20051023170802.jpg


20051023170816.jpg


20051023170909.jpg

20051023170919.jpg

DSC01382.jpg
くまこの案で、横断幕を持って立つ位置を変えてみただけで効果が!!

今日はいろんなビラがあるのではさみこみます!今週末イベント目白押しでかぶりまくりなのです!!
DSC01371.jpg
しんやさんのライブのポスターを全員、背中に貼って目立っちゃおう!
DSC01377.jpg

DSC01378.jpg
くまこが旅行代理店からもらってきてくれた「夢の島?おきなわ」のポスターも活躍中。
DSC01381.jpg

DSC01363.jpg

DSC01368.jpg

DSC01370.jpg
いつもお腹の減ってるくまちゃんが、超~珍しく、みんなにチョコの差し入れ!!やさしい~~
DSC01373.jpg

DSC01379.jpg

DSC01383.jpg

DSC01386.jpg



DSC01388.jpg
街宣後のミーティングに、ピースボートのあさとさん達が、イベントの相談にやってきた!
DSC01389.jpg

DSC01391.jpg

DSC01392.jpg

20051023170754.jpg

伊波市長のお話は、市長としての立場から見た場合の辺野古の問題の難しさを感じさせら
れるものでした。市長という立場にあるからこそ言えること、言えないこと・・。さまざ
まなレベルで、さまざまな人たちが、さまざまな想いをもって、辺野古というところに向
かい合っているのだなと感じました。
講演のあとには、NO BASE のチラシと熊手代表の名刺をちゃっかりお渡ししました。
「東京でもがんばってください」との励ましの言葉をもらいました。
    (晋一郎)
__________________________________________________________

店長の現地取材レポート第一弾!!
   ~いま沖縄・辺野古で起きていること!~』

日時:2005年10月26日(日)

沖縄県名護市の辺野古(へのこ)沖には、”人魚”にも例えられる
恥ずかしがりやのジュゴンがやってくる美しい海が広がっています。
そこへ日米政府による米軍基地建設問題が浮上し、おじいや
おばあ、そしてジュゴンに象徴される美しい自然が危機に
陥っています。国家の安全保障と人間の安全保障、ヒトと
野生運動の関係などを考えるべき課題はいくつもありますが
まずは「いま起きている事実」を伝えたいと思います。イラクへ
向けて戦闘機が飛び立つ現地を視察した報告と共に、当日は辺野古
東京行動代表の熊手あゆみさんを
お招きして、映像やパネルを使用しながらこの問題を
わかりやすくお伝えします。

     講師:熊手 あゆみ(辺野古東京行動代表)
        グリーンフラスコ自由が丘店店長

     会場:グリーンフラスコ自由が丘 
         ℡ 03-5729-4682
         e-mail shop@greenflask.com
  
___________________________________________________________
    
20051023170721.jpg


20051023170728.jpg


20051023170734.jpg


20051023170739.jpg


20051023170743.jpg

初めて熊手代表のお話を聞きました。最近、一緒に活動してますが、やはり実際に辺野古での
阻止行動にどっぷりつかっている(笑)
熊手代表のお話には、たくさんの発見があるとともに、とても考えさせられるものがありました。
ぜひとも僕らの明学にも呼んで、お話をしてもらいたいです!
ただいま脈のありそうな先生に交渉中!
(晋一郎)
※更新が遅れて申し訳ありません※

いつもガイセンの前には皆でチラシを折ります。会話もはずみます。
DSC01290.jpg
今日は7人です!初参加の強力助っ人、名古屋のれんさんも。
DSC01291.jpg
自ら署名をしてくださった、上智の福祉学科の学生さん!と、写真撮影用にポーズを撮るくまて。意識もあってノリも良い!ステキです。
DSC01293.jpg
ノリノリ署名ゲッター・れんさんと、イケメン晋ちゃん★
DSC01296.jpg
ミラクルと大まこちゃん★しんやさんライブのポスターを届けにきてくださいました!
DSC01297.jpg
今はなき単管やぐらに棲みついていたアバサー(ハリセンボン)に語りかけるREIちゃん★
DSC01299.jpg
横断幕もち&声出し隊を買ってでる晋ちゃん!
DSC01303.jpg
以前、上智で辺野古報告をやった際、会場にした教室に偶然居合わせて、参加してくれた方。通りかかってカンパしてくださいました!ありがとうございます!!
DSC01305.jpg

DSC01307.jpg

DSC01309.jpg

DSC01311.jpg

DSC01312.jpg

DSC01314.jpg

DSC01317.jpg

1.jpg

今日は、明治学院大学での第12回ティーチイン沖縄に参加しました。
今回のテーマは「沖縄戦」。ひめゆり学徒隊だった、上枝さん、沖縄戦の体験者の外間さんのお話を聞きました。やはり実際に体験をされた方のお話というのは真に迫るものがあります。
爆弾によってバラバラになった死体、顔にこびりついた血や肉片のなま温かさ、無数の死体を踏みながら逃げた時の柔らかい感触、ツーンとした死臭、兵隊の傷口からとってあげた太ったウジ虫、自決をしないように手榴弾を隠し、絶対ありかを言わなかったお父さん、そしてそのお父さんを目の前で奪った一発の銃弾、逃げていく日本兵の背中、どれも自分も体験したような思いがしました。
また、まだ小さかった自分をおぶって、銃撃戦の中を仰向けになりながら、必死で守ってくれた外間さんのお母さん、写真一つ残せず冷たくなって埋められていた当時三歳のお兄さんへの想いなどを聞き、改めて、人間が持つあらゆる悪事が行われたという沖縄戦というものを感じ、そして、「それが、今イラクで、実際に起こっていることであり、自分の記憶とつながるんです」という上枝さんの言葉が胸に刺さりました。
お話の後は、いつものようにみんな車座になって、思ったことを語り、共有します。戦争経験者が少なくなり、「戦後70年はない」と言われる中、まず、自分の身内の戦争体験を聞き、そしてそれを受け止め、自分のものにして、次の世代に語り継ぐことが大事なのではないかという話をしました。
「今の若い人はどう思っているの?」という質問に、PEACE RINGのみんなや明学のゼミの学生さん達、京都行動のちりちゃん、またビールがちょっとまわったミラクル、くまが、発言して、自分がおじいさんやおばあさんから聞いた戦争の話を聞いて、ここに自分がいるのは、本当に偶然の奇跡というべきものであること、自分のこととして問題をとらえるきっかけになった辺野古との出会いなどを話しました。ちなみにミラクルのおじいさんは、怪我を理由に出兵を拒否したそうです(えらい!)が、そのことを自分は、とても誇りに思っているそうです。
次回は11月、テーマは砂川闘争。いろんな人達とつながれる、このような場所をこれからも大事にしていきたいと思います。
ティーチイン沖縄について→http://okinawaforum.org/okiwiki/index.php?%A5%C6%A5%A3%A1%BC%A5%C1%A1%A6%A5%A4%A5%F3%B2%AD%C6%EC

2.jpg

たまたま通りかかった明学の学生さん。Tくんは、沖縄が好きで、この前行ってきたとのこと。へのこも行ってみたけど、座り込みには、参加できなかったそうです。もったいない!でも、「こんな状況になっているとは」とすごく関心を持って、話を聞いてくれました。こんな学生さんもいるんだーとかなり嬉しかった。ぜひ次回はお友達も!今後のイベントのビラを渡し、再会を誓いました。

3.jpg

そして、こちらはミクシーでこのイベントを知った来た方。正直ミクシーなめてましたが、すごい影響力です。今度22日に行われる日比谷でのコンサートのためにでわざわざ名古屋から来京。何やら面白そうな匂いがするお兄さん達です。しかも、このイベント、喜納昌吉とな、なんとあのアクションスター、スティーブン・セガール(代表作「沈黙の戦艦」)が出演するそうです!ありえーん!組み合わせだが、なんか面白そう!代わりに21日のしんやさんのイベントもしっかり宣伝しておきました。一緒に盛り上げましょうね!

4.jpg

「すべての武器を楽器に」のメッセージと一緒に、みんなでパチリ。


20051010163545.jpg

そして、京都行動から、仕事の合間をぬって駆けつけたちりちゃん。お友達もつれてきてくれました。念願のかつTもお買い上げ。しかも青。
キャラも色もかぶるのか...という心配をよそに、本人おおはしゃぎ。
相変わらず元気です。「京都行動も頑張ってるよー!一緒に頑張ろうね!」
(写真 ミラクル、晋ちゃん、レポート くま)

本日の四ツ谷ガイセン、参加者は新しくシンちゃんをむかえて7名にて★電波ニュース社から取材にいらした古賀さんも横断幕を持つなどお手伝いいただきました。くまちゃんも辺野古から帰ってきました!雨がビミョウに降るなか、しめしめのチラシを配る…。

20051007183016.jpg
実は四ツ谷街宣が雨で中止になったことはまだ一度もありません。強力な晴れパワーでしょうか。なのでこれしきの雨ではへこたれません。

20051007183028.jpg
横断幕の持ち方にも工夫を凝らしてみます。やや上の方で、傾けて持つと見やすい??

20051007183107.jpg
6月の金城繁師匠ゲリラライブ@上智のときから興味を持ったという上智の2年生の方と話し込むムラナカさん。

20051007183126.jpg
雨足が強くなってきたため、早めに切り上げ、ミーティング。スパゲティをフォークに巻きつける手を休めずにしかし、しっかりミーティングを進行するくまて代表。

20051007183153.jpg
今度10月16日(日)、自由が丘のお店(GREEN FLASK JIYUGAOKA)で「辺野古リポート」を開催するもとこさんが打ち合わせのためにミーティングに参加★くまて代表が講師として招かれます。詳細は下記!

20051007183211.jpg
「なぜ、いま、若者が辺野古へ?」という切り口でドキュメンタリーを企画したいという古賀さん。それぞれの辺野古にかかわるきっかけなどを話します。NBHの結成当時の話など、2月のことなのに遠い昔に感じてしまいます。
生きづらい世の中にそれぞれの人生があって、探し、迷う中で見つけたかった答えが辺野古にあったりして。だから、辺野古に若者が集まるんだなって納得。辺野古と、「辺野古帰り」の若者の相乗効果が、世の中をもっとステキに変える希望になるんじゃないかしら。

20051007183234.jpg
♪人間を信じてる 今日も明日もあさっても ステキな出会いを 大切につなげてゆこうよ♪
(ヨッシーの新曲より)
♪辺野古の海から あなたに届けたい 信じていいよ 人間はスバラシイ 教えてくれた 辺野古で闘うひとたちが…
(ヨッシーとじゅごんの家『辺野古の海から』)

《photo & report:TOMISHO


おまけ(10月7日)
20051007183250.jpg
毎日新聞社とうきょう支局の記者さんが、NO BASE HENOKO TOKYOの取材のため、とみしょうやにやってきました。まよなかしんやさんのライブと、かつTのことなど載せてくださるかも?乞うご期待!



今後の予定

■10月12日(水)★四ツ谷街宣
■10月15日(土)★NBH連続学習講座@法政
■10月16日(日)★辺野古レポート@GREEN FLASK自由が丘
□10月17日(月)☆伊波市長公開講座@明治学院大学白金キャンパス
■10月19日(水)★四ッ谷街宣
■10月21日(金)★まよなかしんやLIVE&辺野古報告@荻窪
□10月22日(土)☆喜納昌吉LIVEイベント@日比谷野外音楽堂
■11月6日(日)★全国労働者集会@日比谷公園
■12月11日(日)★映画・「GAMA~月桃の花~」上映会@目黒

※詳細は↓こちら↓↓※
続きを読む
20051001121519.jpg

20051001121345.jpg
↑↑拡大版はこちらの画像をクリックして下さい

戦争のための基地は沖縄にもどこにもいらない!
★まよなかしんや★

沖縄トーク&ライブコンサート
  
※友情出演 ヨッシー&ジュゴンの家

■日時 10月21日(金)午後6時半
■場所 杉並区荻窪地域区民センター(B2・音楽室)
(杉並区荻窪2-34-20 Tel 03-3398-9125,
    JR/丸の内線 荻窪駅南口下車徒歩12分)
■会費 1000円

□主催「まよなかしんやコンサート」実行委員会 
(呼びかけ:とめよう戦争への道!百万人署名運動杉並連絡会・杉並星野文昭さんを救う会・NO BASE HENOKO TOKYO)

□連絡先:
東京都目黒区南1-24-14 03-3723-1014(NO BASE HENOKO TOKYO事務局)
東京都杉並区久我山1-8-420 03-3332-7033(百万人署名運動杉並連絡会)
20050930182938.jpg
↑↑クリックすると別ウィンドウで拡大地図が見られます
続きを読む
923-2.jpg

今日も、朝は訓練でした。だんだん黒さが染み付いているのは気のせい?
テントに戻ると、またまた学生さんが。今は夏休みということもあり、全国から学生が集まってきています。こちらは、卒業研究で、へのこを選んだという学生。なんと、しかも映像です。へのこに基地がつくられた場合、環境にどういう影響を与えるか、自らがつくったCGを使って説明してくれました。みんなで、「すごいー!」を連発。これからオーストラリアで腕を磨くそうです。
何回か、へのこに訪れたけれでも、「私たちは研究材料じゃない。あなたは、本当にとめる気があるのか!」と夏芽さんに叱られ、自分の専門をいかして、何か役に立てないかと思いつくったとか。
オーストラリアもジュゴンいるから、ぜひへのこの事を発信して下さい!頑張ろうね。
923-10.jpg

そう、そして今日は、待ちにまったおじいとおばあの結婚式でした!おじいが奮発したステーキと大量の焼きそば、あと畑でとれた野菜が振舞われ、みんなお腹も心も大満足。晋くんが作ったゴザのメッセージと一緒に記念撮影。
923-3.jpg

おじいのスピーチ。
「おじいは、これからも、今まで通り、正直に生きていくつもり。貧しくても全然かまわない。こんな素晴らしい仲間と一緒にいられることが、何より幸せです。あと、こんなに素晴らしい奥さんにも。おばあに頼んで、結婚指輪を買ってもらいました。
一番大事なのは真心。みなさんにもそれを忘れずに生きていってほしい。」
923-4.jpg

お祭気分がおさまったテントに、イギリスのBBCのスタッフがやってきました。今度、テレビでへのこの特集が報道されるそうです。いろんな人の思いがつまっているので、何度も編集をやり直してつくったそうです。みんなで、テントで鑑賞しましたが、英語なので全部はわからず。これからの放送を待つことにしました。
ついに、世界に向けてへのこが発信されます。ぜひご覧下さい。
これからの放送予定 
英BBC放送「アースレポートー破壊をとまなう発展 辺野古編」
10月3日(月) 午後18時半、 22時半      
10月5日(水)午前1時半、 午後16時半  スカイパーフェクトTVにて

923-6.jpg

杉並から来ましたもっつぁんです。へのこの話を聞いて、有休を使って来ました!
かつTに、あばあ缶バッジと装備は完璧。トイレの前で失礼ですが、風のように、爽やかな人です。明日はカヌー練習頑張るぞ!
922-1.jpg
今日は、午前中の訓練から戻ると、明学から学生さん達が来ていました。話してみると、実は、NBHも非常にお世話になっているAくんのゼミの後輩!しかも他にもたくさん繋がりがあることがわかり、「へのこは狭いねー!」と盛り上がりました。今度街宣、来てくれるそうです。東京での再会を誓って記念撮影。

922-2.jpg

こちらは、東京外大の学生さん。しかも私と専攻が同じ。自分の語学力のなさをごまかすため、話したスペイン語は、「アディオス!」のみ。お恥ずかしい限りです。
初めてのへのこで、いきなり海上訓練に参加。
シュノーケル買ってくるなど気合入ってます。海の中でも、少し潜れたみたい。でも船は、やっぱり酔ってしまって少しつらそうでしたが、必死に我慢してました。えらい!
「へのこのみんなも、泳げない人や酔う人もいたけど、みんな必死に練習して、乗り越えてきたんだよー」と伝える。
「短い間だったけど、来れてよかった。東京でできることあったら、ぜひやりたいです」と言ってくれました。ぜひ一緒にやりましょうね。Hasata La Vista!
921-1.jpg
今日は午前中は海の上で訓練。午後からはテントへ。テントでのんびりしていると、そこについに、来ました!このお方。へのこ名物三線名人の繁師匠。農大から来たMちゃんと一緒に。かなさんどー(愛してる)をここでも連発。昨日、夏芽さんに、沖縄を研究することの重さを厳しく言われ、ちょっと落ち込んでいたMちゃん。少し癒されたかな?卒論、へのこ、どちらも頑張ろうね。
921-3.jpg
そして、今日はわれらが、かようのおじいの誕生日!
お祝いなんてしなくていいと言っていたのに、わざわざ「今日はおじいの誕生日よ」と夏芽さんに連絡してくるところが、憎めないですね。
みんなでケーキと、色紙を渡すと、「こんなにうれしいことはない!」と感激。
「おじいは今最高に幸せ。大好きな仲間達に祝ってもらえるなんて。心が通じ合ってない人に祝われても、なーんの意味もない。でもたとえ少なくても、こんなに素晴らしい仲間と一緒にいられることが、本当にうれしい。ふと、思ったんじゃが、そういえば、おじいは、今までおばあと結婚式をあげたことがない。昔から、お金もない、家もない、ないない村の村長さんじゃったから。できれば、ここにいるみなさんと一緒に結婚式を祝ってもらいたい」とのおじいの言葉に、みんな拍手。

921-4.jpg

「じゃ、今からやるか!」とおばあの手をとるおじい。「えーそんないきなりー?!」とみんなびっくりしながらも、爆笑。
一番驚いていたのは、おばあでした。
「はーいきなり何を言いだすかと思えば。相変わらずおじいはせっかちだねぇ。びっくりしたさー」 これからもずっとお幸せに。
お祝いは後日、おじいが奮発することに決定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。